製紐(せいちゅう)とは?

製紐(せいちゅう)とは、製紐機を使用して、コールゴム平ゴム)や丸ゴム組紐などのゴム紐ゴムひも)を製作することを言います。

製紐の仕組図

上の画像は、製紐機でのコールゴム平ゴム)、組紐などのゴム紐ゴムひも)生産・加工の仕組図です。

 

先ず、準備作業として、管巻機で管に糸を巻きます。

 

製紐機に管とゴム糸をセットして、コールゴム平ゴム)を生産しています。

(平タイプの製紐機の場合は、完全な無限ループの円運動ではなく、ある1か所で往復する運動をしています。そのため、「C」の文字のような形をしていてそれを延伸して平ゴム、または平紐状となるのです。)

 

製紐機に管とゴム糸をセットして丸ゴムを生産しています。

(丸タイプの製紐機の場合は、無限ループのような円運動をしています。そのため丸断面の丸ゴム、または丸紐(袋紐)状となります。

 

製紐機は、汎用機ではなく専用機です。

コールゴムのような平ゴムは、平ゴム平紐専用機で生産します。

丸ゴム丸紐袋紐)は、丸ゴム丸紐専用機で生産します。

また、平ゴムの場合、4コールの平ゴムは、(一般的に)4コール専用機でしか生産できません。

8打丸の丸ゴムは、(一般的に)8打丸専用機でしか生産できません。

 

製紐機は、数十年の間、(細幅ニードル織機や経編機のような)革新的生産機械は開発されていません。また、ほとんど改良・改善もされていません。回転数を上げると、金属同士の摩擦が大きく故障しやすくなり、生産時の騒音も非常に大きいため、(構造上)ある一定以上の回転数よりスピードアップができないのが実情です。製紐機の生産量は、コールゴムの場合、1時間に約3mくらいですが、ニードル織機や経編機の場合、(緯密度にもよりますが)、約15m~約30mくらい生産できるので、生産性は約5倍~10倍、または、それ以上あります。そのため、台数を増やして生産量を確保しています。

 

出来上がった、コールゴム丸ゴム組紐は、

フェストン加工

カセ巻

ボビン巻

等の加工をします。

④その他に、少量の巻mの場合、紙製の板に板巻をする場合もあります。(手芸用などの場合)

 

また、ハサミカットヒートカット(合成繊維使用の場合)、超音波カット、結び加工平ゴムの場合は自動リングミシンでリング加工をしたりします。

 

フェストン仕上加工機での加工の場合

 

カセ巻の巻上機

カセ巻の仕上加工機

カセ輪にコールゴムや丸ゴム、組紐を巻いてカセ巻に仕上げます。

 

ボビン巻上機

ボビン巻上機

上の画像は、ボビン巻上機です。紙製のボビンにコールゴムや丸ゴム、組紐を巻きます。

 

板巻機

板巻機

上の画像は、板巻機の写真です。紙製の板にコールゴム丸ゴム組紐を巻き上げます。主に、ヘッダー付きの袋に袋詰めをして、手芸店やホームセンター等で販売されます。