編ゴム(編みゴム)とは?

 

編ゴム編みゴム)とは、ラッセリーナコメット等の経編機を使用して経糸の中に等間隔にDCYダブルカバードヤーン)という横巻ゴムを入れて経糸を編みあげて緯糸(表と裏に2本)を入れて製作する平断面のゴム紐平ゴム)です。生産業者の中では、コメットゴムラッセルゴムという場合もあります。(尚、一部の製品では、横巻ゴムを材料として使用せず、弾性糸を糸を巻かずにそのままベア(裸)で使用する場合もあります。)

編ゴム編みゴム)の幅は、約5ミリ~約200ミリ程度です。

編ゴム(編みゴム)サンプル拡大画像

上の画像は、編ゴム編みゴム)のサンプルの拡大画像です。

 

ゴム紐(ゴムひも)分類表の編ゴム

上の画像は、ゴム紐ゴムひも)分類表です。この中の②のオレンジ色の部分が、編ゴムです。

 

ゴム紐ゴムひもが一番の大集合です。

その中に、平ゴムが含まれ、平ゴムの中に編ゴムが含まれます。

 

まとめて、説明すると、

ゴム紐(ゴムひも) ⊇ 平ゴム ⊇ 編ゴム

となります。

これを集合の説明図で描くと以下のようになります。

ゴム紐、平ゴム、織ゴムの集合図

 

 

用途としては、一般的には、カジュアルな洋服のウエストや裾、袖口に使用されるストレッチインサイドベルト(洋服の中に入れて縫い込みます)や下着(表に出ているので編ゴムそのものとして使用されます)、また、マスクゴム等の医療用や、洋裁手芸用などに使われます。

編ゴム編みゴム)の特徴としては、1番目は、速乾性です。同じ幅の織ゴムに比べると短時間での乾燥が可能です。その理由は、編ゴムを全伸長まで思い切り引っ張ると、編ゴムの場合は、包帯やガーゼのように透けて遠くの景色が見えるようになります。その通気性の良さゆえに乾燥しやすいのです。(もちろん、編ゴムは、織ゴムに比べると目付が軽い厚みが薄い場合が多いです。)

編ゴムの、2番目の特徴としては、常に表面と裏面の編組織が違うことです。(織ゴムの場合は、もっとも基本的な、ムシロ織りや博多織りの場合は、表面も裏面も全く同じ織組織です。例外としては、カジュアルゴムがあります。カジュアルゴムは片面が綾織りの物が多いです。)

編ゴムの、3番目の特徴としては、思い切り引っ張っても、幅が変わらないということです。そして、その特徴から、編ゴムの設定伸度を2.5倍以上に設計し、太い緯糸を使用して生産して作ったインサイドベルトタイプの編ゴムは、ウエスト部分のインゴム使いとした場合、捻じれや中折れしにくいという特徴があります。

 

編ゴム編みゴム)は、経編機で経糸でループを作りながらを編んでいくので、編ゴムの経糸を解くと、(製品の長さと比べると)長さが約10倍となります。(織ゴムの場合は、設定伸度に比例して、約3倍の長さです。)

また、同じ伸び・パワーの織ゴムに比べるとコストは、多少安くなる場合が多いです。それは、織ゴムでは、ニードル織機の場合は、1台の織機に掛けられる幅や掛本数には機台によって制限があります(2本掛、4本掛、6本掛等)が、編機の場合は、ゲージの部分(約50㎝)の中に(ほぼ同じ幅の編ゴムを掛けるのであれば)自由な場所に掛けることが可能で、5ミリ幅程度の編ゴムを掛けるのであれば、1台の経編機に20本以上の編ゴムを同時に生産することが可能です。

編ゴムのデメリットとしては、(鋭い刃物や針、フック状の金属製品等で引っ掛けてしまった場合、)経糸が、とてもホツレ易いということです。ホツレてしまうと連続的に経方向にホツレてしまいます。したがって、表使いにはあまり向いていません。対策としては、ウェルダー糸(融ける糸)を使用して熱セット(仕上げ工程)で融かして固めてホツレさせないようにすることです。また、カットする場合は、ヒートカットすること(しっかり溶かして固めること)をおすすめします。(または、ハサミカット後にハンダごて等の電熱ヒーターを当てることにて、先端部をしっかり焼き固める(溶かし固める)という方法もあります。但し茶色の焦げ目が付きます。)縫製工程では、全幅にてしっかりと返し縫いをしてください。(「Z」や「W」の文字のように)

輸出の場合に書類に書く必要があるので、編ゴムの英語表記について、一般的な英文名を掲載します。

ポリエステル/ポリウレタン   :Polyester And Polyurethane Elastic Knitting Tape

 

上の動画は、経編機ラッセリーナ)で編ゴムを製造している様子です。

経編機(ラッセリーナ)

上の画像は、経編機ラッセリーナ)の写真です。

編ゴムにも、いろんな種類編ゴムがあります。以下に紹介いたします。

 

ストレッチインサイドベルト(編みタイプ:編ゴム)

編みタイプのストレッチインサイドベルトの特徴は、織りタイプに比べて厚みが薄いことと、通気性が良くて、速乾性に優れていることです。また、生産性が良いので、織りタイプに比べると、編機1台に掛ける掛本数が多く、緯密度も一般的に大きいので単位時間当たりの生産量が多く、コスト的にも多少安価にての販売が可能です。カラー展開は、生成色と黒色の2色です。サイズ展開は、15ミリから40ミリ幅くらいが一般的です。

 

マスクゴム(編ゴムタイプ)

編みタイプのマスクゴムは、コールゴムに比べると、通気性に優れています。また、コールゴムの場合は、引っ張ると幅が狭くなってしまいますが、編みタイプの場合は、全伸長まで引っ張っても、幅は変わりません。また、糸素材は、ナイロン糸、ポリエステル糸のどちらでも製作可能です。カラー展開は、生成色の1色です。ただし、染色すれば、どのような色でもできます。サイズは、5ミリ~8ミリ幅程度が一般的です。マスクゴムの場合は、基本的に受注生産となります。

 

ボタンホールゴム(編ゴムタイプ)

ボタンホールゴム(編ゴムタイプ)は、編機によって製作されるボタンホールのある編ゴムです。特徴としては、薄くて速乾性があることです。また、織タイプのボタンホールゴムは、中央部で折り曲げて製作するので、経方向に折れ曲がりやすいですが、編タイプのボタンホールゴムは、平らな状態で編んで生産するので、中央で折れ曲がり難いです。用途としては、ボタンを使ってサイズ調整が可能な平ゴムなので、特に、衣料用としては、マタニティ(妊婦用の衣服)、ベビー服、子供服などのウエスト部分に使用されます。

 

ポリエステルカラー編ゴム(ポリエステルカラー平ゴム)

ポリエステルカラー編ゴムは、先染めのポリエステル糸を使用して、ストレッチカラーインサイドベルトとして製作した、(編み組織なので)厚みが薄くて、速乾性のあるカラー編みゴムです。衣料用のインゴムとしては、内側が透けて見えるような薄い生地(オーガンジー)の洋服の内側に使用したり、表使いとして、ラッピングバンドや見分けバンド等の包装資材などに使われます。サイズ展開は、15ミリ、20ミリ、25ミリ、30ミリです。カラー展開は、12色です。最低ロットは、300mです。

 

パジャマゴム(編ゴムタイプ)

パジャマゴム(編ゴムタイプ)は、編機によって製作される伸びが大きくてソフトなパワーの編ゴムです。特徴としては、薄くて速乾性があることです。用途としては、特に、衣料用としては、パジャマ、ナイトウエア、ライトなウエア、子供服などのウエスト部分に使用されます。ウエストに総ゴムで使用する場合は、重ね部分は、全幅にてしっかりと返し縫いをしてください。(「Z」の文字のように)

 

メッシュゴムテープ(ネットゴムテープ)

メッシュゴムテープネットゴムテープは、編ゴムの特性を活かして、通気性を最重点に考慮して製作した編ゴムテープです。ポリウレタン弾性糸にウーリーナイロン糸を巻き、少ないフィラメント数のナイロンフィラメント糸を緯糸として使用して大きめのループを描くように編みこんでいます。最大の特徴は、厚みの薄さと包帯のように、向こうの景色が、透けて見えるくらいの大きな編み目による通気性の良さです。そのため、速乾性に優れています。極薄の生地や、それほどパワーを必要としない薄手の生地を使用した洋服の袖口などに使用される場合が多いです。シャーリングテープ(shirring tape:洋裁で,細かいギャザーを寄せて模様や変化を出すこと)としての用途で多く使用されます。

 

編ゴム編みゴム)、コメットゴムラッセルゴムのことなら、(有)津田産業に、何でも気軽にご相談ください。お待ちしています。

 

〒929-1111

石川県かほく市気屋ア68番地

(有)津田産業 直販部 (屋号 TSUDATEX

TEL:076-283-0201

FAX:076-283-2859

 

お急ぎの場合や、とにかく質問したい、聞いてみたいという場合は、こちらの携帯電話へお電話ください。お待ちしています。

HP:050-3578-8098

担当:越野 勤

MAIL:tsuda@tsudasangyou.com  (画像を添付する場合にご利用ください)

お問合せフォームは、こちらです。

 

TSUDATEXは、全国シェアNo.1の「石川県かほく市」の高品質・高耐久性のゴム紐・平ゴム・丸ゴム・織ゴム・編ゴム・コールゴム・マスクゴム等をメーカー直販にて全国へ真心こめてお届けいたします。

TSUDATEXの創業80年以上の歴史が、お客様への信頼の証拠です。

TSUDATEXは、編ゴムの専門店を目指します。

 

 

お問合せはこちらから

このフォームは送信完了画面が出ません。
確認して送信する