「織物」の三原組織(さんげんそしき)

(有)津田産業では、平ゴム織ゴム以外に、時には、弾性糸を使用しない細幅の織テープ織ベルトも企画・製造しています。ここでは、織組織について説明・解説します。(経糸・緯糸以外に、ゴム糸(弾性糸)の入っている平ゴムや織ゴムには、また、ムシロ織り、博多織り(ハカタ織り)等の別の織組織があります。)

織物(おりもの)とは、糸を縦横に組み合わせて作った布地である。織物を作ること、あるいはその織り方や風合いを織り(おり)といいます。漢字で表記すると伝統的に植物繊維による織物を「」、絹織物を「」といい、両者をあわせた布帛(ふはく)も織物を指すことばです。また、織物は、テキスタイルテクスタイル(textile)とも呼ばれます。

織物は一般的には織機で製作されます。織機は「はた(機)」とも呼び、織機を使って織ることを機織り(はたおり)とも言う。織機の基本的な原理は、経糸(たていと)を張り、一定の規則により経糸を通した綜絖枠(そうこうわく heald frame)を上下させて、その間(開口部)に、シャトルやニードル、リボン等を使って、緯糸(よこいと)を通すもので、この経糸の通し方(織り方)と糸の素材や太さ・糸密度等によって、布地の基本的な性格が決まります。代表的な織り方には平織 ひらおり(plainプレイン)、綾織 あやおり・斜文織 しゃもんおり(twillツイル)、朱子織繻子織 しゅすおり(satinサテン)の3種があり、これを「三原組織(さんげんそしき)」と呼び、更に絡み織 からみおり(綟り織、もじりおり)を加えて織りの四原組織とする場合もある。これらの組織を複雑にしたり、使用する糸の色や太さ等を変えたり、あるいは多様な染色を施すことによって、複雑な織物の染織品が生産されます。

 

三原組織(織りの完全組織図の1つ1つの方眼で、)黒の正方形部分が 経糸が上(浮き)になっている部分、白の正方形部分が下(沈み⇒生地の場合、裏で上)になっている部分です
平織(plain weave)平織の組織図
1/1
綜絖枠は2枚
綾織・斜文織(twill weave)綾織2/1の組織図綾織2/2の組織図
2/1 ↗(3枚斜文2/2 ↗(4枚斜文
綜絖枠は3枚綜絖枠は4枚
朱子織・繻子織(satin weave)朱子織 5枚綜絖の組織図朱子織 8枚綜絖の組織図
4/1 (5枚朱子7/1 (8枚朱子
綜絖枠は5枚綜絖枠は8枚

上の表は、三原組織の基本の説明を示しています。織組織の方眼の図形は、完全組織を表しています。これを縦横に繰り返すと、実際の織物の組織図となります。

(注1)綜絖枠(そうこうわく)とは、織機で織物生地や織ゴムを織る場合、経糸をジャガードのように1本ずつ通して上下運動の管理をするのではなく、綜絖に1本ずつ経糸を通すが、何枚かの綜絖枠に分けて規則的に上下運動をさせて簡単な柄や模様を出します。その綜絖の枠のことをいいます。

(注2)完全組織とは、最小単位の織組織のことをいいます。これを縦横に連続して、実際の織物の組織図が出来上がります。

 

平織とは

平織(ひらおり)とは、経、緯の2本で繰り返し、互いに糸1本ごとに交差する織物組織、または、織物です。完全組織の糸数は、経、緯ともに1本ずつです。2枚の綜絖枠がある織機で製織が可能です。ガーゼのように織密度が粗いものや、タイプライターのインクリボンにするタイプライタークロスのような高密度織テープ。帆布のような、とても太い糸を使って高密度で目付の非常に大きい織物もあります。もっとも一般的・簡単で・基本的で、プレーンな織組織で、地合いが緻密で堅ろうなことから、織組織として、いちばん多く利用されています。この織組織の織物には、ブロード、ギンガム、シャンブレー、などがあります。

綾織・斜文織とは

綾織(あやおり)・斜文織(しゃもんおり)とは、連続した経浮きが、順次に右上がりにずれることにより、斜めの織線(綾線・綾目)が現れる織物組織、または織物です。完全組織の糸数は、経糸、緯糸ともに3本以上で、3本のものを3枚斜文、4本のものを4枚斜文といいます。この織組織の織物には、デニム、サージ、ギャバジン、などがあります。(織ゴムで言えば、カジュアルゴム綾織となります。)また、経糸、緯糸の現れ方が同数のものを、両面斜文といいます。綾織りの織物は、見た目で斜めの凹凸の筋があるので、分かりやすいです。また、手で触れても凹凸が分かります。(糸の太さが太いほど、凹凸は大きくなります。)

朱子織・繻子織とは

朱子織繻子織(しゅすおり)とは、ほとんど経糸だけが表面に浮いて、手で触れると、滑らかで光沢のある外観で生地の柔らかさを有する織組織、または織物です。生地としては、経糸の長い浮きが多いので朱子織は、平織に比べると頑丈な織り方ではありません。本来は、繻子(しゅす)と記します。 完全組織は、経・緯ともに5本以上で、その交差は完全組織の中で1回だけ、しかも、その組織点は、将棋でいうと、桂馬飛びのように離れて飛んで、それが規則的に並びます。朱子織の織物には、綸子(りんず)や緞子(どんす)、細幅織物で言えば、サテンリボンサテンテープなどがあります。

 

 

〒929-1111

石川県かほく市気屋ア68番地

(有)津田産業 直販部 (屋号 TSUDATEX

TEL:076-283-0201

FAX:076-283-2859

 

お急ぎの場合や、とにかく質問したい、聞いてみたいという場合は、こちらの携帯電話へお電話ください。お待ちしています。

HP:050-3578-8098

担当:越野 勤

MAIL:tsuda@tsudasangyou.com  (画像を添付する場合にご利用ください)

お問合せフォームは、こちらです。

 

TSUDATEXは、全国シェアNo.1の「石川県かほく市」の高品質・高耐久性のゴム紐・平ゴム・丸ゴム・織ゴム・編ゴム・コールゴム・マスクゴム等をメーカー直販(ダイレクト販売・通販)にて全国へ真心こめてお届けいたします。

TSUDATEXの創業80年以上の歴史が、お客様への信頼の証拠です。

TSUDATEXは、ゴム紐の専門店を目指します。

 

 

 

お問合せはこちらから

このフォームは送信完了画面が出ません。
確認して送信する