ゴム紐には、天然ゴム糸やポリウレタン弾性糸が等間隔に入っていて、引っ張った状態で生産しそして縮み、そのおかげで伸縮性があります。(伸び縮みします)

外から見た感じは、同じように見えるゴム紐でも、使用状況や置かれた環境によって、すぐに伸びきってしまったり、長い年数経過しても、それほど劣化していないゴム紐もあります。また、ゴム糸の太さやゴム紐の作り方などによってもゴム紐の耐久性は、大きく変わってきます。

ゴム紐の耐久性を数字で比較して、調べる方法があります。(通常の長い年月の使用の代わりに)紫外線や熱や数多くの引っ張りの後、キックバックの力がどれくらい残っているか?を数字で比較してゴム紐耐久性の優劣を判定します。

様々な試験方法がありますが、ここでは、セシール法という耐久性の試験方法を紹介します。

 

「ゴム紐類耐久性試験 セシール法」 平成6年7月1日制定

判定基準

疲労試験後の保持率が共に60%以上とする。

疲労試験後の保持率が共に70%以上とする。(1998.3.23改定)

試験方法

【1】疲労試験(1サイクル)
a ビーカーに0.5%のマルセル石鹸を入れ、その中に資料を浸漬し沸水中で1時間加熱、処理後は水洗乾燥する
b ギャーオーブン(80℃)で24時間処理する。
c サンシャインウェザーメーター(Bパネル温度63℃・18分/120分噴霧)で8時間処理する。
※(別法)サンシャインウェザーメーターに替え、カーボンフェードメータで2時間ごとに噴霧器により資料を湿潤させる方法(平成6年10月高松試験室確認済み)
d デマッチャー試験機で450回伸長を繰り返す。

掴み間隔6cm、伸長率2.5倍(150%)

【2】引張応力の測定(N=3)
a 条件   ※掴み間隔  5cm
※伸長率   2.0倍(100%)
※初荷重   無し
※引張速度  20cm/分
※繰返し回数 3回
b 測定   40%、80%の伸張時と収縮時の応力を測定する。

 

セシール法の試験については、カケンやQテック、ボーケンなどへ依頼すれば、試験してもらえます。

試験後に、初期のキックバックの力の70%以上の力があれば、合格となります。

 

ゴム紐耐久性の良さというのは、見た目では、簡単に分からないものです。

一般的には、太い弾性糸(天然ゴム糸やポリウレタン糸)を使用すると耐久性がよくなります。

また、弾性糸を引っ張りすぎた状態で、生産しないことが大切です。引っ張りすぎて生産すると、縮んだ状態でも弾性糸に応力が掛かっているため、劣化しやすいのです。(これは、ゴム紐を分解してみるとある程度わかります。)

また、長期間の場合、保管方法によっても耐久性が変わってきます。保管する場合は、直射日光の当たらない、乾燥した、常温の場所でビニル袋等で密閉して保管すると劣化しないで保存することが可能です。

 

 

〒929-1111

石川県かほく市気屋ア68番地

(有)津田産業 直販部 (屋号 TSUDATEX

TEL:076-283-0201

FAX:076-283-2859

 

お急ぎの場合や、とにかく質問したい、聞いてみたいという場合は、こちらの携帯電話へお電話ください。お待ちしています。

HP:090-1637-9983

担当:越野 勤

MAIL:tsuda@tsudasangyou.com  (画像を添付する場合にご利用ください)

お問合せフォームは、こちらです。

 

TSUDATEXは、全国シェアNo.1の「石川県かほく市」の高品質・高耐久性のゴム紐・平ゴム・丸ゴム・織ゴム・編ゴム・コールゴム・マスクゴム等をメーカー直販にて全国へ真心こめてお届けいたします。

TSUDATEXの創業80年以上の歴史が、お客様への信頼の証拠です。

TSUDATEXは、ゴム紐の専門店を目指します。

 

 

お問合せはこちらから

このフォームは送信完了画面が出ません。
確認して送信する