ゴム紐(ゴムひも)の製品規格について

 

ゴム紐は、繊維製品の生地などとは違って、伸縮する(伸びる)ものなので、伸びない製品と違い、物性や耐久性などいろんな性能について説明する必要がありますし、お客様より説明を求められます。

当社では、製造部門にて、ゴム紐ゴムひも)の製品規格物性について、以下の項目について測定・記録・管理等をしています。

1:    mm単位で最小目盛の十分の一(0.1mm単位)まで測定する。(定規を使用)

2:厚み   mm単位で最小目盛の十分の一

(0.01mm単位:厚みは、ノギスではなく、ダイヤルシックネスゲージにて測定する)

シックネスゲージ(厚み測定器)

上の画像は、ダイヤルシックネスゲージの写真です。百分の1ミリ単位で測定します。

 

3:伸度   単位は「倍」10cmの印間長のゴム紐が、引っ張って30cmになった場合、3.0倍となります

(30cm ÷ 10cm = 3.0倍)

伸度測定の場合、1度でも思い切り引っ張った場合は、(歪みを取るために)24時間(1昼夜)放反(フリーにする)した後に測定します。

4:目付   単位は、g/m (1m当たりの重量(g数)で表します)

5:ゴム糸(弾性糸)の入り率  単位は、%

(弾性糸を使用した製品の場合、10cmのゴム紐を分解して、その中に、9.5cmのベアの弾性糸である場合は、95%の入り率となります。一般的に入り率の大きい製品の方が耐久性がよく、スリップイン(ゴム紐を破断した時に、弾性糸が切り口から中へ入り込む状態)をすることもありません)

6:伸張荷重 単位は、gf (g重)(公式データでは、ISO単位の、N(ニュートン)を使用します。)

通常は、簡便法として10cmの印間長のものが、20cmになったときの荷重(応力)⇒100%伸張時荷重、モジュラスともいいます。)

7:混率   単位は、% (素材ごとに分解して重量の割合を測定・計算・表示します。)

例としては、 ポリエステル 88%

ポリウレタン 12%

(尚、天然ゴム糸は繊維ではないので、品質表示の場合、混率に、記載の義務はありません。→記載しない場合もあります。)

8:生産スピード  単位は、m/時 (1時間当たりの生産量⇒月間生産量や納期の算出時に使います)

1~6 の規格データについては、当社では、定期的に抜き取り検査をしています。

その他、繊維素材・弾性糸の規格・メーカー名、生産機械のギア設定、回転数(r.p.m)、カラー(染色の場合の色見本やレサイプ等)、織組織(組織図やチェーンの組み方)製品見本なども記録・管理します。
その他、織ゴム編ゴムの場合、経糸・緯糸・DCY(ダブルカバードヤーン)またコールゴム・丸ゴムの場合は、組糸・芯ゴム)それぞれの、繊維素材、糸・ゴム糸太さ、メーカー名、本数、カラーNo.、フィラメント数、撚り数・撚り方向、インタレス等の規格情報も記録します。

SSカーブ強伸度曲線)、引張切断強度、耐久性(セシール法等)、染色堅牢度、難燃、抗菌制菌)、防臭、消臭、残留ホルマリン、熱収縮率(寸法変化率)等の試験については、(お客様から求められた場合に)必要な時に公的機関で試験をしています。

(一部の試験データは、ゴム糸メーカーさん、原糸メーカーさんにて試験をすることもあります。)

尚、伸び(ストレッチ性)のある商品は、(伸びのない生地とは違って)特に、幅や伸度、パワー等については、機台・糸・弾性糸・熱仕上時の温度、湿度や張力・季節等の諸条件により多少のバラツキが発生することもありますので、基本的に、ある程度の許容範囲を設定しています。

1例として、

幅: 25ミリ ± 1.0ミリ

伸度: 2.5倍 ± 0.1倍

という風に記載します。