ニードル織機での平ゴムの織り方の一つに、「博多織り」(はかたおり)があります。同じ綜絖枠の上下の状態で、緯糸を2回入れる織り方です。綜絖枠は最小単位として3つあれば製織可能です。(経糸が2枚、ゴム糸が1枚)もっとも基本的な織り方です。博多織りの織ゴムは、一般的に、経緯糸ともに細い糸を使用するので、表面が平らできれいで表使いをすることが多いです。