織りの三原組織について説明をします


織りの三原組織についての説明

ここでは、織りのもっとも基本的な平織綾織朱子織の3つの織組織(三原組織:さんげんそしき)を紹介します。

平織(plain weave)

平織の組織図

平織は、最小組織として2x2あれば十分です。綜絖枠も、最低2枚あれば大丈夫です。

平織は、最も基本的な織組織です。

主な平織の織物は、ギンガム、オーガンジー、シャンブレー、帆布、ガーゼ、帛(羽二重など)等です。

 

綾織(斜文織、ツイル(twill))

綾織の組織図

綾織は、斜め方向に凹凸のある模様です。上の綾織の組織の場合は、3x3が最小組織です。

だから、綜絖枠も最低3枚あれば十分です。

主な綾織の織物は、サージ、デニム、ギャバジン、チノクロスなどです。

 

朱子織(繻子織、サテン(satin))

朱子織の組織図

朱子織は、浮きが少ないので触るとスベスベした風合いの織物です。生地も光沢のあるものが多いです。

上の朱子織は、5x5が最小組織です。

だから、綜絖枠も最低5枚あれば、製織可能です。

主な朱子織の織物は、シルクサテン、コットンサテン、ドスキンです。細幅の場合、ナイロンサテンテープやポリエステルサテンテープがあります。