織りの三原組織(さんげんそしき)についてゴム紐の専門家が説明をします

織りの三原組織さんげんそしき)についての説明をします

三原組織のことを、「三元組織」や「三限組織」、「三源組織」と誤って表記される場合もあるようですが、3つの原則的な組織なので、正式には、三原組織と表記します。

織物の三原組織とは何ですか?

経糸と緯糸を織ることによって製作する織物のほとんどは、3つの基本組織である三原組織で織られています。

三原組織とは、織り、織物(textile テキスタイル)のもっとも基本的な平織り(ひらおり)、綾織り(あやおり)、朱子織り(しゅすおり)の3つの織組織のことを言います。

以下に、三原組織を紹介します。

(注)織りの組織とは、経糸と緯糸の規則的な浮き沈みを言います。

三原組織の読み方は何ですか?

三原組織の読み方は「さんげんそしき」です。

そして、三原組織を英語で表記すると、three foundation weaveとなります。

平織(ひらおり:plain weave)とは

平織(ひらおり)の組織図

上の画像は、平織の組織図です。

(経糸が浮いている部分が黒色、緯糸が浮いている部分は白色です。)

平織の読み方は?

平織の読み方は「ひらおり」です。

そして、平織は、経緯2本で繰り返し、互いに1本ごとに交差する織物組織です。

最小組織として2x2あれば十分です。(これを完全組織といいます。)

平織の最小組織

上の画像は、平織の最小組織です。

完全組織かんぜんそしきとは織物の基本となる組織の最小単位のことをいいます。

簡単に言うと1リピートのことです。

織物は、この「完全組織」を、前後左右に繰り返して織られます。

綜絖枠(そうこうわく)も最低2枚あれば大丈夫です。(上下方向に2回の柄変化だからです。)

平織は、最も基本的な織組織です。

プレーンな織物組織で、地合いが緻密で堅ろうなことから、いちばん多く利用されています。

平織の特徴は、経糸と緯糸が1本ずつ交互に浮き沈みしていることです。

主な平織の織物は、ギンガム、オーガンジー、シャンブレー、帆布(はんぷ)、ガーゼ、帛(羽二重など)等です。

その他、生地の種類で言うと、シーチング、ブロード、ローン、オックスフォード(オックス)、キャンバスなども平織の生地です。

帆布の表面拡大画像

上の画像は、平織の生地の拡大写真(帆布)です。

経糸と緯糸が交互に上下しているのが分かると思います。

綾織り斜文織り:しゃもんおり、ツイル twill weave)とは

綾織(あやおり)の組織図

上の画像は、綾織の組織図の1例です。

綾織の読み方は?

綾織の読み方は「あやおり」です。

(注)綾織斜文織とも呼ばれます

そして、綾織は斜めに文様(模様)が入っているので、斜文織(しゃもんおり)とも呼ばれます。

綾織は、連続した経浮き(または緯浮き)が、順次に右上がり(または左上がり)にずれることにより、斜めの織線(綾線、または綾目)が現れる織物組織です。

斜め方向に凹凸のある模様です。

上の綾織の組織の場合は、3x3が最小組織です。

綾織最小組織

上の画像は、綾織の最小組織の1例です。

だから綜絖(heald:ヘルド)枠も最低3枚あれば十分です。(上下方向に3回の柄変化しているからです。)

主な綾織の織物は、サージ、デニム、ギャバジン、チノクロス、ビエラ、フランス綾などです。

綾線が45度以上のものをダイヤゴナルといいます。

細幅織物では綾テープ(A綾テープ・杉綾テープ)があります。

デニム生地の拡大写真

上の画像は、綾織の生地の拡大写真(デニム)です。

斜めに凹凸の筋が模様としてあるのが分かると思います。

朱子織り繻子織り:しゅすおり、サテン satin weave)とは

朱子織の組織図

上の画像は、朱子織の組織図の1例です。

朱子織の読み方は?

朱子織の読み方は「しゅすおり」です。

繻子織の読み方は?

繻子織の読み方も、「しゅすおり」です。

朱子織は、経糸(または緯糸)だけが表面に浮いて、滑らかで光沢のある外観を呈する織物組織です。

組織点(経糸と緯糸の交差点)は、将棋の桂馬飛びのように離れて飛び、それが規則的に並びます。

朱子織は、経糸と緯糸の浮き沈みの変化の数が少ないので触るとスベスベした風合いの織物です。

生地も光沢のあるものが多いです。

上の画像の朱子織は、5x5が最小組織です。

だから綜絖枠も最低5枚あれば製織可能です。(上下方向に5回の柄変化をしているからです。)

朱子織の織物は、シルクサテン、コットンサテン、ドスキンです。

細幅の場合、ナイロンサテンテープやポリエステルサテンテープがあります。

綸子(りんず)、緞子(どんす)も朱子織の1種です。

細幅織物ではナイロンソフトサテンテープ織テープがあります。

近年では四原組織(よんげんそしき)と言うする場合があります

(注)近年では、三原組織に綟り(もじり)組織を加えて四原組織よんげんそしき)とする場合があります。

綟り組織(綟り織)は、隣りあう経糸がたがいにもじれながら緯糸と組織するもので、搦み(からみ)織物とも呼ばれています。

織ゴムでも搦み織ゴム捩り織ゴム)があります。

綜絖(そうこう)とは?

(注)綜絖(そうこう)とは?

綜絖は、ヘルド(heald)とも言います。

織機上の経糸(たていと)を、目的とする織物組織に応じて上下に分け、緯(よこ)糸を杼(ひ)で走らせて織る織機の重要部品です。

糸を編んだものや針金または薄板金製のものがあります。

中央部に経糸を通す穴があり、上下を金属棒に通し全体を枠でまとめ、ひとまとめの経糸が同一行動(上下運動)をとるようになっています。

その枠のことを綜絖枠そうこうわく)といいます。

織りの三原組織については、(有)津田産業直販部に何でも気軽にご相談ください。

お待ちしています。

〒929-1171
石川県かほく市木津ハ64番地4
有限会社津田産業 直販部(かほく支店)(屋号 TSUDATEX
TEL:050-3578-8098
FAX:076-285-0141

お急ぎの場合やとにかく質問したい、聞いてみたいという場合は、こちらの携帯電話へお電話ください。

心よりお待ちしています。
HP:090-1637-9983
担当:越野 勤ゴム紐の専門家織ゴムの専門家
MAIL:tsuda@tsudasangyou.com
お問合せフォームこちらです。

TSUDATEXは全国シェアNo.1の「石川県かほく市」の高品質・高耐久性のゴム紐・平ゴム・丸ゴム・織ゴム・編ゴム・コールゴム・マスクゴム等をメーカー直販(ダイレクト販売・通販)にて全国へ真心こめてお届けいたします
TSUDATEXの創業80年以上の歴史がお客様への信頼の証拠です
TSUDATEXは織ゴムの専門店を目指します

お問合せはこちらから

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)
      

    メッセージ本文(住所や問合せ内容等を入力してください)

    写真添付がある場合はお使いください

    ※サイズの上限は5MBです

    このフォームでは確認画面は表示されません。上記内容にて送信されますのでよろしければチェックを入れてください。
    はい。このまま送信します。

    この記事は、㈲津田産業直販部社員で、セミリタイアおじさんの越野勤が書きました。