糸の太さの単位についてゴム紐おじさんが詳しく説明します。


糸の太さの単位について

糸の太さ(繊度ともいいます)は、非常に細くて柔らかいし中空繊維もあるし、丸断面の糸ばかりではなくて異形糸もあるし、また、軽く押されただけでつぶれて扁平になるのでノギスやシックネスゲージ(厚みゲージ)では、簡単に測定できません。(織物・編物等の生地ならば、まだ厚みもそれなりにあるので厚みの測定は容易です。)

シックネスゲージ

上の画像は、シックネスゲージの画像です。

長繊維の場合の糸の太さの単位(恒長式番手)

恒長式番手の場合は、単位長あたりの重量で、太さをあらわします。
(糸の素材の密度の違いによって番手が同じでも、見た目の太さ[断面積]は、違うことがあります)

糸の太さの単位は、生糸やレーヨン、ナイロン、ポリエステル、ポリプロピレン、ポリウレタンなどの合成繊維(長繊維)の場合、以前は、デニール:単位 dまたは、D(denier)を使用していました。

1デニールは、9,000メートルの糸の質量をグラム単位で表したものです。単位の名称は、フランス語のdenier(貨幣)に由来します。
(例えば、9,000メートルで50グラムの場合、50デニールとなります)

最近では、デシテックス(dtex)または、(T)を使用するようになりました。
1デシテックスは、10,000メートルの糸の質量をグラム単位で表したものです。。単位の名称(tex)は、英語のtextile(織物、布)に由来します。

したがって、dtex = (10,000 ÷ 9,000) x d

デニールの約1.11倍がデシテックスの数字となります。

尚、デシテックスの”デシ”は、十分の一の意味です。

また、テックス(tex)は、国際単位系(SI単位)の暫定併用単位とされており、国内では、日本工業規格(JIS)により規格化されています。

短繊維の場合の糸の太さの単位(恒重式番手)

短繊維の太さの単位は、主に2つあります。
恒重式番手なので、番手数が大きいほど、太さは細くなります。
恒長式番手は、逆で、番手数が大きいほど、太さは太くなります)

1:メートル番手(mm)[共通式番手]

糸の重さ1,000gに対して、糸の長さ1,000mのものを1番手、2,000mのものを2番手として
います。
ウールの毛糸や、アクリルスパン糸、アクリル混紡糸に用いられます。

表示例;20番単糸 → 1/20mm
20番双糸 → 2/20mm

2:英国式綿番手(s)

糸の重さ1ポンド[単位;lb](453.6g)に対して、長さ840ヤード[単位;yd](768.1m)のものを1番手、1,680ヤードのものを2番手としています。
綿糸や、絹紡糸、スフ糸、ポリエステルスパン糸、ポリエステル混紡糸等の天然繊維や合成繊維のスパン糸の場合に用いられます。

表示例;20番単糸 → 20s/1
20番双糸 → 20s/2

換算式

①英国式綿番手 ⇒ デニール・デシテックス番手 の場合

(デニール番手) = 5,314.84 ÷ (英国式綿番手)

(デシテックス番手) = 5,905.4 ÷ (英国式綿番手)

②メートル式番手 ⇒ デニール・デシテックス番手 の場合

(デニール番手) = 9,000 ÷ (メートル式番手)

(デシテックス番手) = 10,000 ÷ (メートル式番手)