防災の勉強をしました 2019年11月12日


自社サイト記事の復活&修正作業も、ほぼ終了し、ちょっと暇になった感ありのゴム紐おじさんのこの頃です。

もしかしてリダイレクトを掛けられる記事がキャッシュで残っているか?を探すくらいが最近の作業です。

午前中は、問合せも受注もなく、余裕があったので、友の会社で久しぶりの長時間の雑談。

異業種の方と話をするのは、新鮮で勉強になるのでとても楽しいです。

友と雑談(11月12日)

 

午後からは、異業種交流会たくま石川21の例会に参加しました。

たくま石川21の例会 2019年11月

講師は、石川県防災活動アドバイザーで、白山野々市広域消防本部消防長の藤田武則氏でした。

とても、興味があり深い内容のパワポ資料だったので、藤田氏の資料を以下に掲載します。

江戸川区のHPより

まずは、東京都江戸川区のハザードマップのHP。もしも、荒川が氾濫すると、江戸川区全域で数mの浸水が間違いない。という衝撃的なハザードマップの紹介。

自然災害

自然災害の種類についての紹介。火山噴火は、ちょっと思いつきませんでした。この他にも、台風、竜巻、大雪があるとのことでした。

手取川1

昭和9年に石川県の一級河川の手取川が氾濫して大水害となったそうです。全く知りませんでした。扇状地の形そのままに浸水しているのが分かります。

手取川2

想定雨量によって、手取川の河口周辺(下流域)のハザードマップも変わるようで、(例えると)100年に一度の雨か?1000年に一度の雨か?という2つのハザードマップの紹介です。(以上4点の画像は、藤田武則氏の資料から抜粋しました)

本日、新しく知ったワードは、「ローリングストック」でした。日常食べる食品を少しだけ多く備蓄しておくだけという発想はいいかもしれない~と感じました。

講演の終了後は、災害時を想定して、レトルトご飯をそのまま食べてみたり、インスタントラーメンを水に浸して(約30分)試食してみました。ご飯はイマイチでしたが、インスタント麺は冷たくてもそこそこ食べられるかな?と感じました。

 

ゴム紐おじさんは、自宅や会社の付近のハザードマップをかほく市公式サイトで閲覧したり、防災についていろんな勉強をしました。

有限会社津田産業直販部の工場裏は崖になっているので、大地震時や水害時の土砂災害が気になります。もしも災害が起こった時に、BCP対策についても考えなくてはいけないな~と考えました。

 

セミナー後は、ネット販売の勉強仲間の会社を訪問しました。今週、画期的で素晴らしいアイデアを思いついたので、秘密の新商品開発の話で大いに盛り上がりました。

とても楽しくてためになり有意義な1日でした。