平ゴムのリング加工(縫製)したゴムバンドを製造しています(自動ミシン)


平ゴム(織ゴム、編ゴム、コールゴム)の自動ミシンによるリング加工(縫製)について

(有)津田産業は、平ゴム丸ゴムなどのゴム紐を生産するだけでなく、カットや結び加工、また、自動リングミシンによるリング加工輪加工・縫製)などの二次加工もしています。(平ゴム輪っかにします)

 

幅6ミリ以上、円周18cm以上、最低ロットは300本からです。

幅が約6ミリ以上のコールゴムから、100ミリ幅までの織ゴム編ゴムなどの平ゴムを約18cm以上の円周であれば、リング加工輪加工・縫製)をいたします。(幅の狭いものでは、最小円周18センチのものもリング加工縫製)いたします。ご相談ください)

最低ロットは、300本以上です。

ラッピングバンド(包装資材)や見分けバンドブックバンドランチバンドランチベルトなどのゴムバンドなどに多く使用されます。

カジュアルゴムリング加工サンプル

平ゴム(カジュアルゴム20ミリ幅)のリング加工サンプルの1例です。左側は、縫製サテン。右側は、付け合せ(重ねなし)の4点千鳥縫い(耳なし)です。

4点千鳥縫い耳無し(重ねあり)

上の画像は、15ミリ幅の編みゴムの4点千鳥縫い耳無し重ね有り)です。真ん中に3列の千鳥縫いの縫い目があります。厚みが約1ミリと薄いので、平ゴムを5ミリほど重ねてそこを縫います。

 

ジャージャー縫い(耳あり)

上の画像は、8コール青金平ゴム(約7ミリ幅)のジャージャー縫い(耳あり)の縫い目のサンプルの写真です。

 

その他、重ねて真ん中を縫うデカ縫いという縫い方もあります。

正方形に四角く縫ってその後「✕」印の形で縫います。(耳あり)

平ゴムの自動ミシンでのリング加工の様子(動画あり)

上の動画は、平ゴム織ゴム)をリング加工自動ミシンリング加工をしている様子です。平ゴムを自動ミシンで連続的にリング縫製加工をして輪っかを作ります。

 

平ゴムの円周の測り方

①ゴム紐(平ゴム)の円周の測り方については、先ず、ゴム紐を対象物の箱などに掛けます。

②ちょうどいい締め付け具合のところで、ホチキス等で留めます。

③平ゴムを外して、半分に折りたたんで、その長さ(折径)を測り、2倍します。

 

各種プリント加工も可能です。サンプル送付・見積をします。

自動リングミシンによるリング加工などの二次加工等の詳しいことは、(有)津田産業に何でも気軽にご相談ください。お待ちしております。

 

〒929-1111

石川県かほく市気屋ア68番地

(有)津田産業 直販部 (屋号 TSUDATEX

TEL:076-283-0201

FAX:076-283-2859

 

お急ぎの場合や、とにかく質問したい、聞いてみたいという場合は、こちらの携帯電話へお電話ください。お待ちしています。

HP:090-1637-9983

担当:越野 勤

MAIL:tsuda@tsudasangyou.com  (画像を添付する場合にご利用ください)

お問合せフォームは、こちらです。

 

TSUDATEXは、全国シェアNo.1の「石川県かほく市」の高品質・高耐久性のゴム紐・平ゴム・丸ゴム・織ゴム・編ゴム・コールゴム・マスクゴム等をメーカー直販にて全国へ真心こめてお届けいたします。

TSUDATEXの創業80年以上の歴史が、お客様への信頼の証拠です。

TSUDATEXは、ゴム紐の専門店を目指します。

お問合せはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)
  

メッセージ本文(住所や問合せ内容等を入力してください)

写真添付がある場合はお使いください

※サイズの上限は5MBです

このフォームでは確認画面は表示されません。上記内容にて送信されますのでよろしければチェックを入れてください。
はい。このまま送信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です