マスクゴムを発送するために休日出勤しました(2020年2月29日)


マスクゴムの在庫状況について

マスクゴムの現在の在庫状況ですが、3種類のマスクゴムは全て在庫がありません

注文数に生産が追い付かない状況です。

丸ゴムのカバーリングタイプ(約1.5ミリ幅)は、約1週間の順番待ち。

丸ゴムのリリアンタイプ(約2ミリ幅)は、約1ヶ月以上の順番待ち。

平ゴムタイプの編ゴムタイプ(約5ミリ幅)は、約1ヶ月間の順番待ち。

(3月1日現在)

問合せの電話やメールが数多く届きます

本日も、朝から、電話やメールでのお問い合わせが多数ありました。

99%が女性です。

手芸でガーゼマスクを作っておられる方々です。

新型肺炎対策のために作る人、花粉症対策のための人。

家族のために作ろうという人、医療機関のために作ろうとしている人。

配布するためのボランティアの人。販売目的の人。

いろんな方がいます

 

マスクの生地は何とか手に入れたが、ゴム紐がどこにもないです。という方。

マスクゴム以外のゴム紐(例えばヘアーゴム)を試してみたけれど、ゴム糸(弾性糸)が太いので、パワーが強すぎてダメでした。という方。(少しだけパワーが強いくらいなら用尺を長くしてパワーを弱めにして耳に掛けるようにしてください。)

小学生のためにマスクを早く作ってあげたいのです。という方。

多くの方々からの切実なお言葉

 

また、ウーリースピンテープについて、マスクゴムの代用が可能かどうか?の意見を求められたり。(ウーリースピンテープは、ナイロンやポリエステルの高捲縮糸だけで製紐機で組んであります。主な用途は、高級なニット製品の伸び止めテープです。伸びは1.4~1.5倍。でもゴム糸などの弾性糸が入っていないので戻る力(キックバック)がまったくと言っていいほどありません)

当社のマスクゴムについて、素材や物性についての質問を受けたり。。。

出来る限り、知りうる限り、真摯にお答えしました

 

そんな話をずっと聞いているので、休日だけど、出来上がった製品(マスクゴム)を出荷しました。

(BtoBがメインの私にとって、15件の出荷は、送り状・伝票記載も含めて結構な作業でした)

マスクゴムを生産している人々も一生懸命がんばっています。

出来る限り必要とされている多くの方の手元にマスクゴムをお届けしたいです。(転売目的の方はいないものと信じています)

そして、今回の新型コロナウィルスによる肺炎が早く収束するように祈っています