コットン(綿)やウール(羊毛)は、繊維の長さが短いので短繊維といいます。それに対してシルク(絹)や合成繊維の繊維の長さは長いので、長繊維といいます。(用途によって、合成繊維の長繊維のものを、意図的にカットして短繊維にする場合もあります。)