アクリル繊維 acrylic についての説明


アクリル繊維 acrylic

アクリル繊維はアクリロニトリルを主原料とした繊維です。溶融紡糸法で紡糸されます。
1950年にデュポン社が初めて工業生産を開始しました。

アクリルは、比重が1.14~1.17と軽い繊維です。ふんわりと柔らかく、温かな肌触りは合成繊維の中で一番ウール(羊毛)に似た風合い・肌触りを持っています。この「ふんわり」とした感じを『かさ高性」とか『バルキー性」と呼んでいます。

アクリルは、短繊維(ステープルファイバー)に加工して毛布や組紐などに使われることが多いです。

 

特長

強度が強い。(ウールよりも強く、摩擦や引張りに対しても耐久性があります)
酸やアルカリなどの薬品に強く、太陽光による劣化や雨水など対する耐候性に優れている。
耐光性が非常に良い。
カチオン染料による染色性に優れ、発色性が非常に良く好みの色に染められる。
染色堅牢度が非常に良い。
繊維自体の抵抗力が強い(薬品に強く、カビや虫害を受けない)
熱可塑性がある(熱セットすることで、伸び縮みや型崩れ、ゆがみを避けることができます)
吸湿性が低い(水に濡れても乾きやすい)
ウールよりも軽くて、かさ高い風合いがある。
保温性がありふっくら暖かである。
羊毛と同様に弾性回復率がよく、シワになりにくい。
ピリング(毛玉)が発生しやすい。

 

用途

ジャージ、セーター、靴下などのニット製品・服地
毛布、ぬいぐるみ玩具等
カーテン・カーペット
ヘアーピースなどの洋風かつら
組ひも類(アクリルカラーコード・アクリルベルト