綿繊維(コットン:cotton)についてゴム紐の専門家が説明します

綿繊維とは?

綿繊維は、天然繊維です。

そして短繊維です。

木綿(もめん)とも言います。

綿繊維は、最も古い時代(約8,000年~7,000年前)から衣料用繊維として使用されてきました。

綿(cotton)の木は、「あおい科わた属」で栽培は、年1回、熱帯・亜熱帯地方の世界の約90ヶ国で生産されています。

現在、日本の衣料用繊維の消費量の約40%を占めています。

綿繊維は、種子の表皮細胞が成長したものです。

繊維を内部に含んだものをコットンボールと呼びます。

繊維が水分を失い乾燥すると、コットンボールの表面の表皮がはがれて顔を出します。

綿繊維の太さは、0.01~0.02ミリ、長さは、20~40ミリ程度です。

微細繊維で、吸湿性・吸水性が高く、断面は、中空で扁平という構造になっています。(中空という構造のお陰で多くの水分を吸収できます)

また、天然の撚りがあるので、紡績して糸にするとしっかりと絡み合います。

綿繊維の読み方は?

綿繊維の読み方は、「めんせんい」です。

綿繊維の英語表記は?

綿繊維の英語表記は、cottonです。

綿繊維の比重、水分率は?

比重:1.54

水分率:7%

綿繊維の特徴

吸湿性があり、放湿の時に気化熱を奪い、夏は、涼しく感じる
微細繊維・先端が丸みを帯びているので、肌触りは柔らか
適度な保温性があり、冬は暖かである
静電気が起きにくい
強度があり、洗濯・漂白が容易である
染色性が良好であり、発色性に富んでいる
洗濯で収縮し、シワになりやすい
水・アルカリに強い

綿繊維の用途

良好な吸水特性を生かして、手ぬぐい・タオル・下着・Tシャツ・トレーナーなどに使用されています。

綿糸は、多量に供給されているために、価格的にも安定しているので、いろんな服(ニット製品・織物製品)に使用されています。⇒代表的なものに、ジーンズデニム)などがあります。

ポリエステルとの混紡(T/C)(綿65%、ポリエステル35%)で、Yシャツや、ブラウス等の生地に使われています。

(注:参考)オーガニックコットンとは?

3年以上合成化学物質(農薬等)を使用しない農地で、合成化学肥料を使わずに栽培した綿花「オーガニックコットン」が生産されており、女性用生理用品や子供用の服が作られています。

(注:参考)T/Cとは?

T/C(テトロン/コットン)とは、テトロンとコットン(綿)を混紡した繊維製品のことです。(T/Cというワードは、日本の繊維業界(アパレル業界)で使用されています)

(注)テトロンは、ポリエステルの商標名で、帝人と東レの共同商標です。

T/Cは、ポリエステルの機能性と綿の着心地の良さを兼ね備えています。

T/Cの混率の割合は、ワイシャツ、作業服やアウトドア用品の黄金比率として「ポリエステル65%、綿35%」が知られています。

通気性と速乾性に優れ、シワになりにくいポリエステルと、肌触りと質感が魅力の綿の特徴を併せ持っています。

ゴム紐の事で困り事等がある場合は、何でも気軽に質問・ご相談ください。

〒929-1171
石川県かほく市木津ハ64番地4
有限会社津田産業直販部(かほく支店)(屋号 TSUDATEX
TEL:050-3578-8098
FAX:076-285-0141

お急ぎの場合やとにかく質問したい、聞いてみたいという場合は、こちらの携帯電話へお電話ください。

心よりお待ちしています。
HP:090-1637-9983

担当:越野 勤ゴム紐の専門家ゴム紐の先生ゴムプロgomupro

MAIL:tsuda@tsudasangyou.com

越野勤

お問合せフォームこちらです。

津田産業は全国シェアNo.1の「石川県かほく市」の高品質・高耐久性のゴム紐をメーカー直販にてお届けします

㈲津田産業の創業88年の歴史と経験がお客様への信頼・信用の証拠です

津田産業は安心・安全なゴムひもの専門店を目指します

お問合せはこちらから

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)
      

    メッセージ本文(住所や問合せ内容等を入力してください)

    写真添付がある場合はお使いください

    ※サイズの上限は5MBです

    このフォームでは確認画面は表示されません。上記内容にて送信されますのでよろしければチェックを入れてください。
    はい。このまま送信します。

    この記事は、㈲津田産業直販部社員で、セミリタイアおじさんの越野勤が書きました。