フェストン仕上げ加工機の紹介 平ゴムの折り畳みや流し込みをします


フェストン仕上げ加工機

(有)津田産業の工場では、平ゴム製品(織ゴム、編ゴム、コールゴム)を、通常は、(製品の幅やその後の加工などによって、)カセ巻ボビン巻レコード巻(円盤状に巻く)、ハサミカット(ヒートカット、超音波カット)、リング加工とお客様のご要望に応じて様々な仕立形状にて梱包・発送しています

衣料用で、縫製工場様送りの場合、ボビン巻やレコード巻はあまり好まれない傾向があります

それには2つの理由があります

(1)巻上げの時、応力を掛けずに仕立したい

少し引っ張って応力を掛けて巻かないと、ズルズルとずれて綾が落ちてきて作業性が悪いのです。製品品質を大切にする縫製工場さんは、ボビン巻レコード巻を一旦、巻を解いて解反します。そして、一昼夜放反(24時間応力が掛からない状態にする)して縮ませて(収縮させて)ミシンに掛けて縫製するのです。(厳密なところでは48時間放反する場合もあります。)それは、伸びやパワーや寸法変化率などの物性に影響するからです

(2)大量に必要で効率よく縫製加工してロスを少なくしたい

レコード巻は通常30m巻。ボビン巻は、150mや300m巻が普通です
縫製工場では、連続して大量に平ゴムを使用するので、切れ目があると、そこで仕事が止まり、処分するロスも発生するのです

それを解消するのがフェストン仕上げです。1つの箱の中に、500mや1,000m、3,000mと連続して入れられるのです。(幅によって入数は違います)そして、平ゴムに応力が掛かっていないので、(放反する必要がなく)箱を開けてすぐに縫製加工が可能です

20ミリ幅以上の平ゴムは、折り畳むタイプのフェストン仕上げ機を使用します

 

1段ずつ折り畳むとスライドさせて最後に、ビニル袋と箱を上から被せて上下を逆転させます。出来上がったのが下の画像です

フェストン加工

フェストン(フェストゥーン:festoon)とは先端部のループの連続模様を指すようです

3ミリ~15ミリ幅のコールゴムや細幅の平ゴムの場合(時には組紐・テープや丸ゴムもあり)は、綾を振りながら、流し込むタイプのフェストン仕上げ機を使用します

流し込むタイプのフェストン加工

上の画像は、流し込むタイプのフェストン加工の様子です。幅の狭い平ゴムは、折り畳むことができないのです

 

フェストン加工についての詳しい事は、有限会社津田産業にお問合せください

 

〒929-1171

石川県かほく市木津ハ64番地4

(有)津田産業 直販部 (屋号 TSUDATEX

TEL:050-3578-8098

FAX:076-285-0141

 

お急ぎの場合や、とにかく質問したい、聞いてみたいという場合は、こちらの携帯電話へお電話ください。お待ちしています

HP:090-1637-9983

担当:越野 勤ゴム紐の専門家

MAIL:tsuda@tsudasangyou.com

お問合せフォームこちらです

 

TSUDATEXは、全国シェアNo.1の「石川県かほく市」の高品質・高耐久性のゴム紐・平ゴム・丸ゴム・織ゴム・編ゴム・コールゴム・マスクゴム等をメーカー直販(ダイレクト販売・通販)にて全国へ真心こめてお届けいたします
TSUDATEXの創業80年以上の歴史が、お客様への信頼の証拠です
TSUDATEXは、織ゴムの専門店を目指します

お問合せはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)
  

メッセージ本文(住所や問合せ内容等を入力してください)

写真添付がある場合はお使いください

※サイズの上限は5MBです

このフォームでは確認画面は表示されません。上記内容にて送信されますのでよろしければチェックを入れてください。
はい。このまま送信します。